img_02

弁護士立会いのもとに遺言書を作ろう

生前に残された家族に対して自身が好きなように財産を分配する方法としては遺言書による相続が挙げられます。

遺言書をきちんと残しておけばそこに書かれた文言がすべての基準になりますので、亡くなった人の意思どおりに財産を継承させることができるようになります。



ただし、実際に遺言書を書いて財産を引き継がせるためにはしっかりとした手続きをとらなくてはいけません。

遺言書は、亡くなった人の意思表示になりますのでその効果は絶大な効力を発揮します。

仮に、誰かが亡くなった人の財産を独り占めするために遺言書を偽造するなどすれば大きなトラブルになりかねません。そこで、残された遺言書が誰が見ても亡くなった本人が書いたものであるということを法律的にも証明する必要があるわけです。

livedoorニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

では、どのような準備をしておけば遺言書が本物だと判断されるのでしょうか。

所沢の弁護士についてわかりやすく説明しています。

重要なポイントは二つで、遺言書に本人のサインがあることと医者や弁護士などの信用性の高い人物の立会いがあることです。

遺言書に立会いをした人の書名もあれば完璧です。

遺言書とは言っても、中身はただの紙切れに過ぎません。

この紙切れに対して法律的な拘束力を発揮するためにはそれ相応の手続きが必要になります。

必要ならば筆跡鑑定もしておくと良いですが、医者や弁護士が立会いをしてくれるのならば大半の場合で遺言書であると認めてもらえます。


残された家族に対して財産を分配するためにも、最後まで弁護士を通した手続きをしておくことが大事です。