貸し工場と高圧受電設備

###Site Name###

貸し工場には、あらかじめさまざまな装置設備が付いている場合がありますが、特に、高圧受電設備に関しては、その仕様をよく確認しておいたほうがよいといえます。

発電所から変電所を経由して貸し工場まで電気が送られてくるにあたって、この電気の電圧を100ボルトまたは200ボルトに変圧するのが受電設備であり、これは貸し工場のみならず、大量の電気を消費している商業施設やオフィスビルなどでもおなじみのものです。

小規模な事業所や工場であれば、基本的には電気会社とは低圧受電契約を締結することになりますので、こうした高圧受電設備などは必要なく、電柱のトランスで変圧されたものが、事業所内に引き込まれることになります。

livedoorニュースの情報を掲載しています。

しかし、高圧受電契約として、50キロボルトアンペア以上の大量の電気を必要とする工場では、この高圧受電設備での変圧を行うとともに、電気事業法の定めにより、定期的な保安点検なども必要となってきます。

したがって、貸し工場を借りる際の事前の確認で、もしも使用する電気容量がこの数値以上に該当するのであれば、貸し工場にもともと高圧受電設備が付帯しているのかどうか、あるいはあとから設置することが認められるのかについて、くわしく問合せをすることがたいせつであるといえます。



もしも後付けで高圧受電設備を設置するという場合ですが、設置についての費用はもちろんのこと、保安点検や原状回復についての費用も、借主のほうが負担することになります。

千葉の貸し工場情報が揃っています。